SNSで影響のあるインフルエンサーを中心に活躍する人をご紹介

奇跡の一枚で大ブレイク!?髙石あかりさんはハーフ?経歴wikiまとめ

映画や舞台などで幅広く活躍している髙石あかりさん。

公式InstagramやTwitterなどを楽しみにされている方も少なくないのではないでしょうか?

そんな髙石あかりさんって、一体どのような方なのでしょうか?

今回は髙石あかりさんのプロフィールや経歴、現在の活動はもちろんのこと、髙石あかりさんのハーフ疑惑や出演している作品、気になる結婚や彼氏の存在についても調べてみました。

広告

髙石あかりさんのwiki的プロフィール

本名(フリガナ)髙石あかり(たかいしあかり)
ニックネームあかりちゃん
生年月日(年齢)2002年12月19日(17歳)
国籍
出身宮崎県
血液型
身長/体重160㎝/?
スリーサイズ(B/W/H)
特技長距離走
趣味テレビ鑑賞・歌を唄うこと
好きな食べ物
資格
所属事務所エイベックス・マネジメント
ブログ
著書/写真集
ツイッター@a_akari121940000
インスタグラムa_akari121923500
Facebook
YouTube
17ライブ
TikTok
wearista
ジャンル女優

(2020年2月14日時点)

髙石あかりさんの経歴は?

髙石あかり 経歴

出典:Twitter

2014年 11歳で芸能界デビュー

髙石あかりさんは、宮崎県で生まれました。

2020年現在17歳の髙石あかりさんが芸能界にデビューしたのは、今から6年前の2014年のことです。

きっかけは、2014年にエイベックスとイオンモールがコラボして開催した「キラットエンタメチャレンジコンテスト2014」への出演でした。

髙石あかりさんは、このコンテストで見事「ナルミヤオンライン賞」を受賞し、芸能界にデビューしたのです。

今から6年前ということは、髙石あかりさんは当時まだ11歳くらいだったということになります。

きっとものすごい美少女だったのでしょう。

2016年から『α‐X’s』のメンバーとして芸能活動を本格化

ちなみに髙石あかりさんはその2年後の2016年に講談社が主催する『ミスiD2016』にて、セミファイナリストにも選出されています。

そんな髙石あかりさんが本格的に芸能活動をスタートしたのは、『ミスiD2016』のセミファイナリストに選出されたのと同じ2016年のこと。

所属事務所のエイベックス・マネジメントのダンスボーカルグループ育成ユニット『α‐X’s(アクロス)』のオリジナルメンバーに選ばれたのがきっかけでした。

ちなみに当時は現在の「髙石あかり」という名前ではなく「あかり」という名義で活躍していました。

この『α‐X’s』としての活動中に撮られた写真が「奇跡の一枚」としてネット上で話題になり、大ブレイクしたのです。

髙石あかり 奇跡の一枚

出典:Instagram

大ブレイクを果たした髙石あかりさんは、2018年3月末まで『α‐X’s』のメンバーとして活動を続けた後、2019年4月からは女優としての活動をスタートしています。

髙石あかりさんは現在どんな活動をしている?

髙石あかり 活動

出典:Twitter

『α‐X’s』としての活躍中に、「奇跡の一枚」で大ブレイクを果たした髙石あかりさん。

2018年3月末をもって『α‐X’s』を卒業し、2019年4月からは女優業を本格始動しています。

そんな髙石あかりさんは現在、どんな活動をしているのでしょうか?

調べてみたところ、現在髙石あかりさんは女優として映画や舞台を中心に活躍しています。

特に舞台での活動は目覚ましく、実は2016年~2018年の間にも「あかり」名義で舞台出演を果たしていました。

 

また、髙石あかりさんはInstagramやTwitterも頻繁に更新しています。

美しく&かわいく成長し続けている髙石あかりさんの写真がたくさんアップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

髙石あかりさんはハーフ?

髙石あかり ハーフ

出典:Twitter

透明感のある雰囲気が魅力の髙石あかりさん。

目鼻立ちがはっきりしていて、彫りも深いですよね。

そんな髙石あかりさんの外見から「髙石あかりさんってハーフなの?」という疑問の声が上がっています。

実際に髙石あかりさんはハーフなのでしょうか?

調べてみたところ、「髙石あかりさんはハーフである」という明確な情報は出てきませんでした

けれど、本名も日本人の名前で、Instagramなどで時々話題にでるお母さんも外国の方だという情報はありません。

お父さんについてもそういった情報は出ていないので、髙石あかりさんはハーフではないと推測できます。

髙石あかりさんの出身地である宮城県には堀が深い顔立ちの人が多いので、それも髙石あかりさんがハーフと言われる理由のひとつかもしれませんね。

髙石あかりさんが出演している作品は?

髙石あかり 出演 作品

出典:Twitter

現在は映画や舞台をメインに女優として活躍中の髙石あかりさんですが、どのような作品に出演しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

2020年の出演舞台

2020年1月に髙石あかりさんが出演しているのは、舞台版『鬼滅の刃』です。

髙石あかりさんは主人公の妹である「竈門禰豆子(かまどねずこ)」役を演じています。

この禰豆子約役がかわいすぎるということで、原作ファンを中心に髙石あかりさんの人気がさらに上昇中です。

髙石あかり 鬼滅の刃

出典:Instagram

ほかにも2020年2月には舞台『バレンタイン・ブルー』に、そして2020年4月には舞台『デュラララ!!』に出演予定となっています。

2020年も髙石あかりさんの活躍が楽しみですね。

2019年の出演舞台

ちなみに2019年には、舞台『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』で「橋本にゃー」役を演じ、舞台『バクステ!!』では「岩清水」役を熱演しています。

髙石あかり 舞台

出典:Instagram

また、同じ2019年には朗読劇の『Greif~TEGAMI~』にも出演していますよ。

ちなみに2018年に髙石あかりさんは「あかり」名義で、舞台『スリーアウト! ~ホームラン篇~』には「美羽」役として出演しました。

テレビ出演

髙石あかりさんは、2019年12月9日に放送されたフジテレビ系列バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』にも出演しています。

まさか、髙石あかりさんがバラエティ番組デビューしていたなんて、びっくりですよね。

今後はバラエティ番組に出演する機会も増えるかもしれません。

映画出演

髙石あかりさんは舞台やバラエティ番組だけでなく、映画にもチャレンジしています。

その映画とは、2019年にクリエイターズフィールドが制作した『スリーアウト! -プレイボール篇-』と言う作品です。

髙石あかりさんは「一花」役を熱演していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どの作品でも、髙石あかりさんのかわいらしいだけでなく、女優としてのスキルをしっかりと感じることができるので、ぜひチェックしてみてください。

髙石あかりさんは結婚してる?彼氏は?

髙石あかり 彼氏 結婚

出典:Twitter

舞台女優として大活躍中の髙石あかりさんですが、結婚や彼氏についても気になりますよね。

まず、髙石あかりさんの結婚についてですが、髙石あかりさんは2020年現在17歳なので法律上結婚は可能です。

しかし、髙石あかりさんはまだ結婚していないということがわかりました。

では、髙石あかりさんには彼氏はいるのでしょうか?

調べてみたところ、現在髙石あかりさんに彼氏がいるという情報もまったくありませんでした

ファンにとっては、嬉しいことですよね。

髙石あかりさんは、これまでも他の芸能人とのスキャンダルなども一切なく、好きな男性のタイプなどについてもまったく発言していません。

髙石あかりさんはまだ17歳で、2019年に女優業をスタートしたばかりということもあって、今は恋愛よりも仕事に専念したいという可能性が高いでしょう。

まとめ

今回は、2014年に芸能界入りし、現在は女優として大活躍中の髙石あかりさんについてご紹介しました。

現在は舞台女優として大注目されており、映画やテレビ番組などに出演する機会も増え始めています。

今年はもっともっと幅広いフィールドでの活躍が期待されています。

髙石あかりさんのさらなる躍進を応援していきましょう。

あなたもインフルエンサーになれるかも!?

当サイトInfluenceでは、インフルエンサーになりたい人を対象に無料でマネジメントをさせて頂いております。

  • これからインフルエンサーになりたい人
  • インフルエンサーとして活動していきたい人
  • もっと自分自身の認知を上げたい人
  • インフルエンサーになってお金を稼ぎたい人

など、ネット(特にSNS)を活用し個人でもお金を稼げるようになっている今インフルエンサーになるだけで活動の幅は非常に大きく広げることができます。

詳細につきましては、InfluenceのLINE@にてお伝えさせて頂いております。

ぜひこのチャンス!興味ある方はご連絡下さいね。

※基本的な流れ

InfluenceのLINE@に登録する。

自動返信の内容に答える
(お名前/各SNSの情報/自己アピール)

担当者よりご連絡致します。


 
髙石あかり
influenceのTwitterもフォローよろしくね!
広告