SNSで影響のあるインフルエンサーを中心に活躍する人をご紹介

あなたも要注意!Instagramの著作権について理解しよう!

世界中の人が利用しているInstagramは、自分で撮った画像や動画を自分なりにアレンジしていき、共有する事ができるアプリケーションになります。

共有した画像や動画を通じて、コミュニケーションを取ることができ、現在高い人気を獲得しています。

ただ、Instagramを利用する時、画像や動画を投稿するので著作権にはくれぐれも気をつけないといけません。

もしも著作権問題が発生してしまった場合、大きな損失を受けることになるので注意です。

そこでInstagramにおける著作権以外に著作権を侵害された時はどのような対処をすればいいのか紹介していきます。

自分自身もインフルエンサーになりたい方必見!
インフルエンサー

無料でマネジメント実施中!

そもそも著作権とは?

インスタグラム 著作権

著作権は、思想や感情などが表現されている著作物の独占する権利になっており、画像や動画など様々なものに当てはまります。

その他にも音楽や学術にも著作権が当てはまるので、あらゆるものに著作権が発生しています。

無断で他の人の著作物を使用した場合は、著作権違反になりやすいです。できる限り著作権違反を避けるには、他の人の著作物を使用する時、フリーになっているのかもしくはきちんと承諾を取らなくてはいけないのか把握することがポイントです。

もし承諾を取らなくてはいけない著作物の場合、著作物を独占している人物もしくは会社からちゃんと承諾を取ることができれば、著作権違反になりません。

よくあるのが知らないで画像や動画などを使用してしまうケースがあります。

知らないからといって、著作権違反をしていい訳ではありません。

知らなくても著作権違反をした場合は、状況によって相応の処罰を受けなくてはいけません。

そのような状況をできる限り回避するため、多くの人が著作権に注意しながら仕事や生活をしています。

Instagramにおける著作権とは?

インスタグラム 著作権

Instagramにおける著作権は、画像や動画が当てはまります。

もし自分が投稿した画像や動画が他のユーザーに無断で使用された場合は、著作権違反になります。

ただしリポストは、転載元のアカウント名が表示されるので著作権違反にならないです。

またInstagramの埋め込みも著作権違反にならないので、間違わないように注意しなくてはいけません。

音楽に関しては動画内で使用した場合、著作権違反になる可能性があります。

特に有名な人物もしくは会社が作曲した音楽を勝手に使用してしまうと著作権違反になる可能性が高く、損害賠償などに発展する恐れが高くなります。

Instagramの音楽に関する著作権は?

インスタグラム 著作権

もし有名な人の音楽をInstagramの動画に流したい場合は、使用料を支払わなくてはいけません。

そしてきちんと承諾を取ることによって、著作権違反を避けられるようになります。

動画に音楽を流す行為に関しては全然問題はありません。

ただし無断で使用すると音楽を作曲した会社や有名人に著作権違反で訴えられる可能性があるので、注意しなくてはいけません。

そのような状況を回避するには、著作権フリーの音楽を使用することが重要です。

誰でも気軽に使用することができるように著作権フリーになっている音楽がいくつも存在しています。

これらの音楽をInstagramの動画に流したからといって、訴えられることはありません。

また著作権違反にもならないので、安心して使用することができます。

どうしても著作権違反が怖いという人は、自ら音楽を作曲するのも一つの方法です。

自ら作曲すれば、著作物の独占権は自分になります。

余程の状況が発生しない限り、著作権違反で訴えられることは無くなります。

ただし作曲する場合は、既存の音楽に類似しないように作曲しないといけません。

参考にする程度ならば問題はありませんがほとんどコピーしてしまうと著作権違反になる可能性があります。

Instagramで著作権を侵害された場合異議申し立てはできる?

インスタグラム 著作権

自分が投稿していた画像もしくは動画を無断で使用されてしまい、Instagramで著作権を侵害された時は異議申し立てをすることが可能です。

まずはInstagramに報告することで、無断で掲載したアカウントに対して厳重注意を行えます。

その他にも削除処置をしてもらえるので、著作権問題を解決しやすいです。

悪質なアカウントの場合、こちらの対応に対して異議申し立てをするケースもあります。

そのような状況に対応できるように画像や動画を投稿する前に署名や独自の印などをつけておけば、このような異議申し立てを一気に払拭できます。

Instagramで著作権を侵害された場合の対処方法

インスタグラム 著作権

Instagramを利用している方ならば、Instagram上で何時著作権を侵害されてもおかしくありません。

そこで著作権を侵害された時に対処法をきちんと理解しておけば、素早く対処できるので、有利な状況に持っていきやすいです。

Instagramに不適切な写真を報告

もし無断で画像を使用された場合、Instagramは不適切な写真を報告することができます。

この報告を受けたInstagramのスタッフは、掲載しているアカウントに注意を行ったり、削除などの処置を行ってくれるので安心です。

本当に無断掲載しているのかきちんと判断

いきなりInstagramに不適切な写真を報告してしまうと逆に不当な報告として、判断される場合があります。

不当な報告としてアカウントの削除や賠償の問題にも発展してしまうので、本当に無断で投稿されているのか冷静に判断する事が求められてきます。

非公開にした時は冷静に対処する事

悪質な人物は、著作権侵害の報告をすることでわざとアカウントを非公開にする場合があります。

このような状況が発生した時、慌てずに対処することが非常に大切です。

現状著作権違反していないか別のアカウントで確認したり、予め著作権違反した相手のフォロワーと仲良くなることで、調査してもらうことができます。

慌てず冷静に対処すれば、非公開状態になった場合でも著作権違反を繰り返し行っているのか見極められます。

ブログやサイトに埋め込みされる場合の著作権は?

ブログ サイト 著作権

基本的にブログやサイトに埋め込みされる場合は、著作権違反にならないです。

しかし著作権違反している投稿を埋め込みするのは禁止されています。

もし著作権違反している投稿を埋め込みしている場合、こちらから許可を促すメッセージを送るなどの対処が必要不可欠です。

Instagramで著作権を侵害されない為の方法

インスタグラム 著作権

とても残念ではあるのですがInstagramでは、頻繁に著作権に関する問題が起こっています。

そのような状況を少しでも回避するには、徹底的に対策を行わなくてはいけません。

しっかりと対策をすることで、極力著作権問題に巻き込まれないで済むようになり、安心してInstagramを利用できるようになります。

独自の印やロゴを入れること

著作権を侵害されないために効果的な方法として、独自の印やロゴを入れるのが効果的です。

独自の印やロゴを入れることによって、自分が独占している著作物として多くの人にアピールする事ができます。

悪質な人物に対し、無断掲載を躊躇させる効果があるので、独自の印やロゴを入れている人は非常に多いです。

この時に印やロゴは、できる限りシンプルで独自性を持たせることが重要になります。

あまりにも簡単な印やロゴは、真似をされる可能性があるのでその点には注意しなくてはいけません。

文言で無断掲載を禁じる方法

Instagramのアカウントでは、無断掲載を禁じる文言が掲載されているケースが多いです。

もし無断掲載をした場合は、著作権侵害で訴えるなど文言を掲載することで、著作権侵害に巻き込まれる確率を低くすることができます。

その他にもハッシュタグでも全然問題はないので、しっかりと対策を行っておけば、極力著作権侵害に巻き込まれる恐れが減ります。

拡散し過ぎないようにするのも一つの方法

フォロワーがあまりにも増えすぎることで、拡散されやすくなります。

それによってInstagramで著作権侵害をされる可能性が残念ながら高くなってしまいます。

確かに多くのフォロワーを獲得できるのは魅力的かもしれません。

しかし著作権侵害の確率も一緒に高まってしまうので、著作権侵害を回避したい人は、フォロワーをあまりにも増やしすぎないことも大切です。

まとめ

インスタグラム 著作権

Instagramでは、多くの画像や動画が投稿されるので著作権違反が発生する場合があります。

もし著作権を侵害された場合は、そのままにするのではなくて不適切な写真として報告していき、Instagramのスタッフに通報することが求められてきます。

それによってスタッフは著作権侵害をしたアカウントに対し、様々な処置を実施する事になります。

このような著作権問題に巻き込まれないようにするため、独自の印やロゴなどを使用して無断掲載されないように対策する事が必要です。

その他にも文言やハッシュタグを利用して、無断掲載を禁じる文言を掲載することで少しでも著作権問題に巻き込まれないで済むようになります。

たくさんの人がInstagramを利用しているので、中にはわざと著作権を侵害してくる人物もいます。

ただきちんと対策を行えば、もし著作権侵害をされた場合でも有利な状況に物事を運びやすくなります。

そして強い態度や異議申し立てを行うことができるので、対策する事はとても大切です。

あなたもインフルエンサーを職業に!?
当サイトInfluenceでは、インフルエンサーになりたい人を対象に無料でマネジメントをさせて頂いております。
  • これからインフルエンサーになりたい人
  • インフルエンサーとして活動していきたい人
  • もっと自分自身の認知を上げたい人
  • インフルエンサーになってお金を稼ぎたい人
  • 自分のアパレルブランドを持ちたい人

など、ネット(特にSNS)を活用し個人でもお金を稼げるようになっている今インフルエンサーになるだけで活動の幅は非常に大きく広げることができます。

詳細につきましては、InfluenceのLINE@にてお伝えさせて頂いております。

ぜひこのチャンス!興味ある方はご連絡下さいね。

※基本的な流れ

InfluenceのLINE@に登録する。

自動返信の内容に答える

(お名前/各SNSの情報/自己アピール)

担当者よりご連絡致します。


インスタグラム 著作権
influenceのTwitterもフォローよろしくね!