SNSで影響のあるインフルエンサーを中心に活躍する人をご紹介

Instagramのビジネスアカウントとは?利用できる幅が広がって便利!?

皆さんは今利用しているInstagramのアカウントは個人アカウントであることを知っていますか?

すでにビジネスアカウントを利用している方もいると思いますが、多くの人は個人アカウントです。

Instagramのアカウントを作成して、そのまま利用している場合は個人アカウントですが、実はInstagramではビジネスアカウントというものを作ることもできるのです。

この記事では、ビジネスアカウントでできることやメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

広告

ビジネスアカウントとは

Instagram ビジネスアカウントとは?

Instagramのビジネスアカウントとは、企業や店舗がInstagramを使っているお客さん(ユーザー)を集客するために自社のコンテンツとして使うアカウントのことです。

つまり、企業や店舗がInstagramを使ってお客さんとコンタクトを取れるように作ったアカウントです。

電話番号やメールアドレス、その企業や店舗までの道順などを掲載することができます。

ビジネスアカウントの作り方

ビジネスアカウントへ切り替える方法は下記の通りです。

  1. プロフィール画面から「≡」メニューを開く
  2. 「設定」をタップ
  3. 「アカウント」をタップ
  4. 「プロアカウントに切り替える」
  5. クリエーター/ビジネスの選択肢から「ビジネス」を選択(タップ)
  6. ビジネスアカウントでできることを確認した上で「次へ」をタップ
  7. Facebookのリンクの設定
    リンクしない場合は「今はしない」をタップ
  8. カテゴリを選択
    個人ブログ/商品・サービス/ショッピング・小売 など
  9. 連絡先情報の入力
    メールアドレス/電話番号/住所
  10. 「完了」をタップ

これでビジネスアカウントを作ることができました。

関連記事→Instagramのビジネスアカウントの作り方・利用するメリットまとめ

ビジネスアカウントのメリット

では、ビジネスアカウントを作るにあたってメリットについて紹介します。

顧客から意見をもらえる

SNSに自社のコンテンツを設けることで、ユーザー(顧客)からダイレクトメッセージを伝って意見を直接もらうことが可能となります。

アカウントを作ることで、お客さんと身近にコンタクトを取ることができます。

意見を直接もらえるということは、自社をより良くすることができます。

また、企業の悪い点、良い点を知ることができるので、改善点が見つかります。

お客さんを集めたい企業や店舗にとって、とても活用できるコンテンツなのです。

認知度を上げられる

「ビジネスアカウントでできること」の章で説明しますが、ビジネスアカウントでは広告を出すことができるので、認知度を上げることが可能となります。

広告を出すことで、多くのユーザーに見てもらうことができます。

ビジネスアカウントのデメリット

何事にもメリットがあればデメリットもあるものです。

もちろん、ビジネスアカウントにもデメリットがあります。

非公開にできない

まず、ビジネスアカウントにしてしまうと、非公開にすることができません。

個人アカウントの場合は、アカウントを非公開にすることができます。

しかし、ビジネスアカウントの場合は、多くの人に見てもらうことが前提のアカウントなので非公開にすることはできないのです。

ビジネスアカウントは「個人ブログ」といって、個人アカウントのように利用することもできます。

ビジネスアカウントの機能を個人アカウントに付けて、個人アカウントとして使うことができるのです。

しかし「個人ブログ」にしても、ビジネスアカウントに変わりはないため、アカウントを非公開にすることはできません。

プロフィール画像がないと広告が出せない

プロフィール画像がないと広告を出せないというのが2つ目のデメリットです。

ビジネスアカウントで広告を出したい場合は、プロフィール画像を設定が必須となります。

ただし、このデメリットはそれほど大きな問題ではないでしょう。

ビジネスアカウントを作るにあたって、プロフィール画像を設定しないということはないはずなので、軽く聞き流してもらって大丈夫です。

もし広告が出せずに困っている場合は、プロフィール画像が未設定の可能性があります。

ちなみに、以前はFacebookのアカウントがなければビジネスアカウントを作成することはできませんでした。

しかし、現在はFacebookを持っていなくても簡単にビジネスアカウントを作ることができますし、広告も出すことも可能です。

Facebook持ってないからと諦めていた人にとっては朗報といえますね。

Facebookなくても使えるようになって以降は、より簡単に誰でもビジネスアカウントを使えるようになりました。

ビジネスアカウントでできること

Instagram ビジネスアカウントでできること

ここからは、ビジネスアカウントでできることについて説明していきます。

ビジネスプロフィール

まずは「ビジネスプロフィール」です。

みなさん、好きな企業のプロフィールを見てみてください。

プロフィールを見ると、「電話する」「お問い合わせ」という項目があるのは分かるでしょうか?

下の画像で言うと、赤い丸で囲んだ部分です。

「電話する」「お問い合わせ」の項目をタップすると、その企業や店舗へ電話をかけたり問い合わせたりすることができます。

すぐにその企業や店舗へコンタクトを取ることができるのはとても便利ですよね。

企業や店舗からすると、その便利さから多くのお客さんを集めることができるので、両者にとってメリットがあると言えます。

広告を出せる

次は「広告を出せる」です。

この広告というのは、タイムラインに表示される広告のことを指します。

タイムラインを見ていると、フォローしているユーザーの投稿に混じって広告が流れてくることがありますよね。

この広告が各ビジネスアカウントで出している広告です。

ビジネスアカウントの広告は、広告を出すときにターゲットのユーザーを選ぶことができます。

「自動」にすると、その広告に合いそうなユーザーを見つけて自動で載せてくれます。

自分で設定する場合は、地域や年代などから選択して、そのターゲット層のユーザーのタイムラインに広告を載せることができます。

 

広告の出し方も見ておきましょう。

投稿画像の右下に「宣伝」というボタンが表示されるので、この「宣伝」をタップします。

「宣伝」をタップするだけで、簡単に広告を出すことができるのは、とても便利ですよね。

インサイトを見れる

「インサイトを見れる」というのもビジネスアカウントの特徴です。

インサイトでは下記の項目について知ることができます。

  • インプレッション数▶投稿した投稿をみられた回数
  • フォロー数▶この投稿を見てフォローしてくれた数
  • いいね数▶この投稿にいいねした数
  • コメント数▶この投稿にコメントした数
  • 投稿保存数▶この投稿を保存してくれた数
  • ダイレクトメッセージ数▶ダイレクトメッセージが送られた数

このような項目をインサイトで見ることができます。

インサイトを見る場合は、投稿画像の左下の「インサイトを見る」をタップします。

どれも個人アカウントでは見れないものばっかりですよね。

ビジネスアカウントになると、ユーザーの色んな反応を見て分析することで企業や店舗自身を高めることができるのです。

個人アカウントへ簡単に戻せる

個人アカウントへ簡単に戻せる

ビジネスアカウントの機能に興味を持った方は、一度ビジネスアカウントにして、機能をチェックしてみましょう。

ビジネスアカウントにしたからと言って、個人アカウントへ戻せないわけではありません。

Instagramのビジネスアカウントは、簡単に個人アカウントへ戻すことが可能です。

プロフィール画面から「設定」▶「アカウント」▶「個人用アカウントへ切り替える」と順にタップしていきます。

ただし、アカウントを非公開にしていた場合は、ビジネスアカウントにすることで公開アカウントになってしまうので注意が必要です。

個人アカウントに戻す時も、公開アカウントのままとなるので、非公開にしたい場合は非公開の設定も忘れずに行いましょう。

まとめ

いかがでしたか???

今回は、Instagramのビジネスアカウントについて、切り替える方法やできること、メリット・デメリットについて説明してきました。

ビジネスアカウントを利用することで広告を出すことができたり、気軽にアクセスできる連絡先を追加することができ、集客や認知度も高めることができるので、企業や店舗にとっては大きなメリットがあります。

簡単に個人アカウントへ戻すこともできるので、興味を持った方は、一度ビジネスアカウントに切り替えてみてはいかがでしょうか。

メリット・デメリットを理解することで、より便利に活用できるはずですよ。

この記事が皆さんの役に立てば幸いです。最後まで読んで下さりありがとうございました。

Instagram
influenceのTwitterもフォローよろしくね!
広告