SNSで影響のあるインフルエンサーを中心に活躍する人をご紹介

Instagramでブロックする方法と解除の仕方・ブロックされた時の確認法と非公開法まとめ

Instagramを使用していると、自分の投稿を見られたくない人や、関わりたくない人の1人や2人現れてくるでしょう。

Instagramではアカウントをブロックする機能があり、ブロックすることで自分との関わりを遮断することができます。

もちろん、投稿の閲覧、いいね、コメント機能も使えなくなります。

 

逆に自分がブロックされてる場合には、本当にブロックされているのか確認する方法があります。

Instagramの機能を使って調べることが出来るのです。

 

また、Instagramではブロックしたにも関わらず、巧妙な手口を使って投稿を閲覧する方法があります。

そんな相手に効果的なのが、非公開機能です。完全に関係を遮断することができます。

 

ではInstagramでアカウントをブロックする方法、ブロックされたか確認する方法、非公開について紹介していきます。

広告

Instagramブロック方法

Instagramのブロック

Instagramに関わらずSNSを長くやっていれば、自分と相性が合わない人も現れてきます。

また質の悪い嫌がらせや、ストーカー行為など、変な人が現れたらすぐにでもブロックするべきです。

ネットの良いところはボタン1つで関係を遮断出来るところですからね。

とはいえ、ブロックする方法はとても簡単です。

相手のプロフィール画面を開いて、画面右上の「 …」をタップします。

いくつかの項目が表示されるので、「ブロックします」をタップします。

ブロックをタップします。

画像にも記載されていますが、ブロックすればプロフィール、投稿、ストーリーズを見られなくなります。ブロックした相手には通知が届きません。

 

これで、ブロック完了されました。

Instagramのブロック解除方法

Instagramのブロック解除

誤ってブロックすることもあるかもしれませんので、ブロック解除の方法を紹介します。

自分のプロフィール画面から、「≡」をタップして、設定をタップします。

プライバシーの設定をタップします。

ブロックしたアカウントをタップします。

画像のように、ブロックしたアカウントが表示されるので、ブロック解除したい人をタップします。

すると、ブロック解除したい人のアカウントが表示されるので、「ブロック解除」をタップします。

ブロックを解除をタップします。

画像にも記載されていますが、ブロック解除したことは相手に通知されないので、間違ってブロックしていた場合も、相手にバレることはないので安心です。

これで、アカウントブロック完了しました。

Instagramでブロックされたらどうなる?

Instagramでブロックされた

Instagramでアカウントをブロックされた場合、「プロフィール」「投稿」「ストーリー」が見れなくなる以外にも、制限がかかる機能がいくつかあるので解説していきます。

 

自分がブロックされてるかどうかも調べることが出来るので不安に思っている人は是非試してみてください。

相手の投稿が見れなくなる

当然ですが、ブロックされれば投稿は見れなくなります。

もしブロックされてるかも?と思っている方は、相手のアカウントを検索して閲覧してみてください。

検索をかけてもアカウントが見つからない

ブロックされると、「アカウントが見つかりませんでした」と表示されます。

いいねやコメント消滅

今までInstagramでいいねやコメントのやり取りがあっても、ブロックされると全て消えてしまいます。

なので、ブロックしたのか疑問を抱いているひとは、過去の投稿でいいねやコメントを確認してみましょう。

DMができない

ブロックされると、DMで過去のやり取りがあっても全て消えてしまいます。

もちろんDMを送ることもできません。

その他にも、フォローできなくなったり、相手のフォロワーやフォロー中のアカウントも表示されなくなります。

 

以上のことが1つでも当てはまった方は、ほぼブロックされたと思って間違いないでしょう。

逆にInstagramでブロックしたらどうなる?

Instagramでブロック

相手の投稿が見れなくなる

自分の投稿が見られないのはもちろんですが、相手の投稿が見れなくなります。

そこを把握したうえで決断しましょう。

いいねやコメントが消滅

Instagramでいいねやコメントのやり取りが合っても、ブロックすると全て消滅します。

もし、やり取りを消したくない人は前もって写真を撮るなどして保存しておく必要があります。

DMができない

ブロックすると、DMを送ることも出来ませんし、過去のやり取りも全て消えてしまいます。

Instagram非公開設定方法

Instagramで非公開

Instagramのブロック機能の欠点が、ブロックをしたにも関わらず閲覧する方法があるということです。

例えば、SafariやChromeなどのブラウザから、web版のInstagramにアクセスした場合、ブロックした相手からも投稿を見ることは可能です。

また、ブロックされたアカウント以外に新しいアカウントを作成して、投稿を閲覧することも可能です。

 

その場合は、Instagram非公開設定を行うのがベストです。

非公開設定にすれば、自分が承認したアカウント以外は投稿を見ることができなくなります。

非公開に変更した場合もそれ以前のフォロワーは自動的に承認されるので、面倒くさい作業も必要ありません。

 

ここから、ブロックの抜け道を完全に封鎖するための非公式に設定する方法を紹介していきます。

まず、プロフィール画面を開いて、画面右上の「≡」をタップして、続けて設定をタップします。

プライバシー設定をタップします。

アカウントのプライバシー設定をタップします。

非公式アカウントをオンにします。

画像に記載されていますが、承認した人以外は写真や動画を閲覧できません。

既存のフォロワーにも影響はありません。

 

これで、非公式設定ができました。

しかし、あと1つだけ問題があるんです。

それは、あたらしいアカウントを使って、ブロック相手とバレないように装って近づいてくる可能性があるということです。

その装いを見抜けなければ、ブロックしようが非公開にしようが意味がありません。

新しいアカウントや、投稿の数、内容も十分注意して、非公式の承認をするように心がけることが大事です。

まとめ

InstagramのようなSNSでは、人の顔が見えてない分、普段より乱暴になったり信じられないような行動をとる人も自然と現れてきます。

そんな時に、Instagramのブロックは非常に便利な機能です。

上記の説明を読めば、簡単にブロックすることができます。

 

また、誰だってブロックする側、される側の立場になる場合があります。

される側になった場合は、

まずは投稿が表示されているか
検索に引っかかるか
DMが送れるか、過去の内容が消去されていないか

これらの3つが当てはまった場合は、ブロックされていると思ってください。

 

最後に、ブロックの抜け道からしつこく接触してくる場合には、非公開するのが1番です。

長引くほどエスカレートする可能性もありますので、早いうちに完全に関係を遮断しておきましょう。

Instagramのブロック
influenceのTwitterもフォローよろしくね!
広告